日頃より、松本山雅FCおよび山雅後援会に多大なるご支援を賜り、誠にありがとうございます。

山雅後援会東京支部はウルトラスマツモトとの共催にて、2月11日(日)に新入団選手ダンマク作成会@東京会場を開催し、大盛況のうちに幕を閉じました。総勢54名の皆様にご参加いただき、「#25 前田直輝選手」「#36 武藤友樹選手」2枚のダンマクに、思いのこもったひと塗りが積み重ねられていきました。

一人で参加の高校生からご夫婦で参加の年配の方まで、今回のダンマク作成会@東京会場には様々な皆様にお集まりいただきました。その多様な立場の方々が集まる様子はまるでアルウィンを彷彿とさせるようでした。この雰囲気を東京でも作れたことに、あらためて山雅サポーターの熱量を感じることができました。

20180211_danmaku_01

20180211_danmaku_02

会場には2017年で退団した選手のダンマクも持ち込まれ、各選手へのメッセージが書き込まれました。
大好きだった選手、感動を与えてくれた選手、不本意ながら退団を余儀なくされた選手、筆に込められた様々な想いでダンマクは埋まっていきます。私も個人的には2017年ユニは那須川選手だったので、ケガで活躍できなかった歯がゆい思いを想像しながらメッセージを書き込みました。

メッセージの書き込まれた退団選手ダンマクは、後ほど選手本人の手元に届けられるということです。どの選手も次のステージでの活躍を期待したいと思います。

20180211_danmaku_03

また東京支部では恒例となった「妄想シート」(山雅の未来がこんな風になってほしい、したい、やりたいが詰まったアイディア付箋の構造化シート)を掲出し、参加者の皆様にもご自身のアイディアを書き込んでいただきました。この内容はあらためて東京支部で整理し、少しずつ実現できるよう取り組んでいくつもりです。どんなアイディアが実現していくのか、楽しみにしていてください。

20180211_danmaku_04

ダンマクが乾ききったところで、最後まで残ってくださった皆様と集合写真を撮りました。自分たちの手でこだわり抜いて塗ったダンマクを早くスタジアムで目にしたいものですね。ご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました。
また遠く松本からこの日のために東京まで来ていただいたウルトラスマツモト ダンマク班の皆様、ありがとうございました。

20180211_danmaku_05

山雅後援会東京支部では2018シーズンも関東在住の山雅サポーターが集える場所を提供すべく、活動をしてまいります。新着イベントは随時HPにアップされますので、お見逃しなく!

初めての方も、おひとりの方も、後援会員であってもなくても、是非お気軽にご参加ください!
たくさんの「緑の仲間」が増えることを心待ちにしています!

『東京緑化中』 山雅後援会東京支部

文筆:坂本

Share