5/13(土)、FC町田ゼルビア戦において、ハーフタイムピッチ一周事業に参加しました。
今回は我々東京支部と、先日発足したばかりの佐久平支部の皆さまと一緒に山雅後援会、Yell事業のPRを行いました。

今回ご参加いただいた方に感想を伺いましたので、以下、その方のコメントをご紹介します。

~~~~~
東京在住ということもあり、普段は後援会活動に参加できていないのですが、
知人の勧めで、ピッチ一周に参加させていただきました。
ハーフタイムの少し前に集合して、待機していたのですが、
アルウィンの裏側は、試合の熱気とは少し雰囲気が違って、スタッフや
ボランティアの方が静かにテキパキとハーフタイムの準備をしていたのが印象的でした。

テレビでよく見る、選手が入場するピッチの入り口に立っていると、
「どうして自分がここにいるんだろう?」と、不思議な気持ちになりました。
選手と一緒に入場する子供たちは、ドキドキするでしょうね。

ピッチからは意外にスタンドが良く見えます。手を振ってくれたり、
声をかけてくれる人も多く、中には幟の「東京」を見て驚く人もいました。
そういった一つ一つの反応が分かるぐらい、良く見えるのです。
(東京からも山雅を応援している人がいるよ、というアピールになったでしょうか?)
この日の対戦相手のFC町田ゼルビア応援席からも温かい反応が多く、それも有り難かったです。

今回のピッチ一周に参加したことで、自分が試合を観戦している最中にも、
たくさんの人が試合を見ることなく、いろんな準備やお仕事をされているのだ、
と実感し、改めて感謝したいと思いました。

今回このような機会をいただき、関係者の皆様、有難うございました。
~~~~~

s_CB0D8416

東京支部では今後も様々な活動を行ってまいりますので、ぜひご参加ください。

また山雅後援会の会員募集と同時に、東京支部の支部会員も募集中です!
後援会会員であれば、東京支部への加入に新たな会費は不要です。
ご興味のある方は東京支部事務局(info@yamaga.tokyo)までご連絡ください。

Share